転職活動の面接で重要なポイント

転職活動の面接には、5つのポイントがあります。

 転職活動時に大事なことといえば、履歴書や職務経歴書の作成など、いくつかありますが、どんな企業でも避けては通れないのが面接です。しかし、その面接も、やみくもに対応していたのではいくら企業に応募しても採用してもらえません。転職活動の面接には、重要なポイントが実は5つあるのです。

 

1.前向きな姿勢で面接にのぞみましょう。

 面接においてはネガティブな姿勢や考えをPRするより、やはり前向きな姿勢や考え方を伝えることが非常に重要です。物事の考え方、捉え方には必ず二面あります。目の前に現れた出来事や事象は同じでも、その人の捉え方によってプラスにもマイナスにもなります。普段から、どのように物事をとらえるとプラスになるかをよく考えておきましょう。

 

2.格好つけず、素直にのぞみましょう。

 面接では自分を普段以上に大きく見せようと、あまり言ったことのない考えや態度をとってしまいがちですが、面接官はそうした姿を見抜きます。相手に対して失礼であり、傲慢な姿勢は禁物ですが、格好つけすぎることなく、素直な気持ちで対処することがかえって好印象につながります。

 

3.下手な遠慮より、積極性を出しましょう。

 面接や応募企業へのPRでやはり重要なのはまず、ご自分の気持ちをストレートに表すことです。そして消極的になるよりも、やる気や自分の想いを伝え、積極性をPRしましょう。熱意や積極性は基本中の基本です。

 

4.落ち着きましょう。

 面接などの場で、心で「緊張するな」と強く望んでも、緊張してしまうのが人間です。これは脳が否定語を理解できず、「緊張」ということに意識が向いてしまうからです。深呼吸などして呼吸を整えたり、無理に早く答えずにゆっくり話すなど、落ち着いて対処しましょう。

 

5.面接には十分な準備をしてのぞみましょう。

 面接で聞かれることは、想定外以外は大体予想できます。自己PRや志望動機、前職退職理由等は定番ですので、少なくとも想定できる質問くらいは、事前に整理しておきましょう。