面接だけでは会社の雰囲気を全て掴むことは出来ない

安全な転職はあるか

 転職するのは様々な理由がありますが、安全な転職というものを誰しもが望んでいると思います。しかし、安全な転職というものが、そもそもあるでしょうか。

 

魅力的な求人誌

 求人誌を見ると、今の職場に持っているような不満を解消してくれるような募集が多く見受けられます。「こんなところに就職できたらなあ。」と思わせる募集が多々あります。しかし、募集する会社側としては、なるべく応募数を増やし、大人数の中からセレクションしたい、というのが本音です。いい人材を引き当てるには、まずはたくさんの人に面接に来てもらうことが第一条件になるからです。

 

 そうすると、いかに魅力的な募集記事を書くか、ということに心血を注ぐことになります。もちろん、職員の募集に不利になるような材料は一切掲載しません。

 

面接試験のあちらの立場

 採用の面接試験の場では、応募者は、自分自身のことについていいことしか言いません。当然のことですが、自分が採用されるにあたって不利になるような情報はなるべく言わないようにしますし、それに触れられる場面があったとしても、オブラートに何とか包もうとします。

 

 同様に、面接する会社の側も、いいことしか言いません。向こうのの方も、なるべく応募者に対して、いい顔をして、いわゆるキープを少しでも多く持っていたいのです。

 

 結局、その職場が自分の思った通りのところかは、入社してみないとわからない、ということになります。